日本でタミフルは最も使用者数の多いインフルエンザ治療薬です。日本でのタミフル世界使用は75%でダントツの1位となっています。当サイトではそんなタミフルの気になる効果や副作用などについて紹介します。

  • ホーム
  • インフルエンザにタミフルは処方薬として必要ないのか

インフルエンザにタミフルは処方薬として必要ないのか

タミフルは、インフルエンザの時に処方される薬として有名で、インフルエンザA型とB型の両方に効果があるという事で人気もありました。タミフルの特徴は経口薬で成人はカプセルで小児はドライシロップを処方されますが、基本的にインフルエンザをたたく薬ではなく増殖を抑える薬になります。発症から48時間以内に服用する事がポイントで、48時間以降で服用をしてもあまり効果は期待できないと言われています。
タミフルは副作用として、インフルエンザ脳症などの危険な状態になる危険性があると言われた時期もありましたが、実際にはその関係性は解っていないのでタミフルが処方薬として問題がないという事になります。タミフルの他にも吸入薬のリレンザやイナビルといったものも処方薬として利用されており、特にイナビルは年齢によって、1回か2回の吸入で治療が完了する事から多く利用されています。
本来インフルエンザに直接効果のでる薬はありませんので、インフルエンザのウイルスを抑える事が基本的な役割や効果になります。基本的にインフルエンザの場合は、タミフルなどのようなタイプの薬や対症療法としての処方薬は原則的に必要ない事になります。特に近年では5日間服用をしなくてはならない、タミフルよりも1回もしくは2回の治療で完了するイナブルの方が、利用はしやすいようです。これらのインフルエンザに対する薬を、適切に服用または吸入する事でインフルエンザの症状を1日から2日短縮させることが期待できますし、重症化を防ぐという意味でも利用をされています。
実際にタミフルが処方薬として必要ないかどうかという事に関しては、難しいところもありますが、他の薬でも代用はできますので基本的に必要はないと言えますが、今後のインフルエンザの治療の状況によって必要だと言われる事も考えられます。

関連記事