日本でタミフルは最も使用者数の多いインフルエンザ治療薬です。日本でのタミフル世界使用は75%でダントツの1位となっています。当サイトではそんなタミフルの気になる効果や副作用などについて紹介します。

多色な薬

タミフルと言うとインフルエンザに感染してから服用するインフルエンザの特効薬といったイメージが強いでしょうが、実際には予防においてもタミフルは役立つ存在です。
感染してから飲むのでもある程度の効果は期待できますが、タミフルの本来の効果はインフルエンザウイルスが増殖するために必須のノイラミニダーゼという物質の機能を阻害して増殖を防ぐことです。
この「増殖を防ぐ」という効果があるからこそ感染初期段階での服用が重要になるわけですが、事前にタミフルを飲んでおくということは万が一感染したとしても体内に入り込んだウイルス以上に増えなくなるということになるのです。
もちろん一切増えないのかと言われるとそうではありませんが、それでも予防効果としては極めて高いものがあり、タミフルの価値を真に引き出す利用法であると言えるでしょう。
ただどのような人に対してでもこの予防的な服用がおすすめできるのかと言われるとそうではありません。
そもそも予防接種をしっかり受けていればおおよその場合感染を防ぐことができるか、感染したとしても症状をかなり抑えることが可能です。
そのため「予防接種を行ったが絶対にインフルエンザになれない事情がある」といった人、例えば受験を控えた学生や予定を変更できない出張を控えている人などであれば利用する価値がありますが、万が一感染したとしても、インフルエンザ 治療のために休むことができる人であればタミフルを予防目的で使う価値は薄いでしょう。
また予防的服用について少々課題になるのが、事前に定められた条件を満たしていないと完全自己負担になるということです。
これは本来であれば三割の負担が全額自己負担になるため費用負担が大きいということになりますから、予防効果は高いですが状況に合わせて使うのがベストと覚えておきましょう。

記事一覧
手で持たれる薬

タミフルは本来病院で処方してもらうものですが、最近では個人輸入などタミフルの通販サイトでも購入できる...

薬のボックス

インフルエンザはウイルス性の感染症です。大変強いウイルスで、同じ空間にいるだけで簡単に感染するほか、...